経済が幻想に観えることについて 2




 経済について。幻想だけけれども、物々交換の原理から、資源のない日本は、有形な資産は量的に不自然であるがゆえに幻想なのであり、無形資産(技術を売ること)で成り立たせなければいけない必然から、幻想的にならざるを得ない。










"経済が幻想に観えることについて 2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント