家族愛について

 執着は、×…。  霊的に他人である家族は、肉体関係無しの愛という高次の愛たるのである。 先に亡くなる親といい関係を築くためのアドラー心理学 ジョン・レノン120の言葉 音楽、政治、愛、ドラッグ、平和、家族についてジョン・レノンが語ったこと - ぐるぐる王国 楽天市場店 …
コメント:0

続きを読むread more

憎しみについて

 愛と憎しみは、別物である。反対ではなく、重さが同じ様なものである。だから、憎しみをともなう愛は、清算され、愛では、無い、のである。  これで、愛は真理となるのである。自殺然り、心中然りである。そして、その論理は、愛Kg=憎しみKg=死Kg 創造主の愛は、全身に満ちている。ということになるのである。イコールとするからといっ…
コメント:0

続きを読むread more

愛知について

 自分もそうですね。  ただ、理解できていれば敢えてやる必要もない。  自分は、理解できていないから、一生懸命理解できるまでやっているのかもしれないなぁ。  理解できていないと、その言葉に出会ったときなんか面倒くさいけど悔しいからまた調べる。いつかまた出会う。理解できていると嬉しい。解からないまま放って置くと、…
コメント:0

続きを読むread more

愛について

 憎悪は人間の感情である。逆説的に、愛も感情的である。  完璧な愛は、自己愛、上座部、小乗仏教以外考えられない。仏陀は最後に自分を守らなければならないのである。自我と自己、無意識の愛。後に続く人間の概念大乗仏教等どうでもいい。問答無用である。  南無阿弥陀仏であり、南無妙法蓮華経である。  真理を愛だとすれば、…
コメント:0

続きを読むread more

恋愛について

親愛なる友だちへ  女心…  燃えるような…  羨むような…  恋したい…  一度でいいから…  いつも恋していたい…  恋愛…  あなたの!…  愛したい?  愛されたい?  恋したい  恋愛?  相思相愛?  恋愛と愛?  恋が…
コメント:0

続きを読むread more

人間はなぜ生まれたのか 2

 これが早くから分からないと、生きる価値がわからない。死ぬとき分かっても遅いのである。人間とは何かが分かってないと、無駄が多くなる。だから勉強するのだ。 NHKスペシャル ヒューマン なぜ人間になれたのか 第4集 そしてお金が生まれた [DVD] 超越する実存 人間の存在構造と言語宇宙 [ 棚…
コメント:0

続きを読むread more

実在と現実について 1

 実在は主観であり、自分以外は解り得ないのである。いわゆる独我論にならざるを得ないのである。だからといって、それが悪いわけでもないのは人間全体に言えることだからである。それが行くつくところは、「現実は、幻想である。」 社会とは、人間の考えであるからである。またそれは、虚無主義に行き着くこともある。  現実は現象であり、客観であ…
コメント:0

続きを読むread more

現実について

 死だけが現実として意識されるのではないだろうか。あの世には何も持って行けず、持っていけたとしても今度生まれるときは、自分のもではないのだ。どんな偉大な実績も。  この世は夢の如し、あの世は殆ど夢、夢。  全て悟ったとき、生まれなくていい?  全て悟ったのなら、もう、次の実績も、新しい哲学も悟りも必要ないのだ。…
コメント:0

続きを読むread more

欠かすことのできない一人について

 誰であろうと、命は尊いのであって、ましてや、周りの人は人類の中で、欠かすことのできない一人であると言うことである。また、その一人がいなければ、私はという存在はない。親兄弟はそうであるし、友達や同僚は、出会わなければ、また二度と会えなければ、死んでしまったと同然であるのだから。さらに生まれなかったも同然である。また、逆説的に、母親は…
コメント:0

続きを読むread more

友達について 3

 友達は、作ろうと思って作るもではないと思う。そして、きれいごとは、秘めて、価値があるのではないか。さらに、これが神秘であり、神の祝福ではないだろうか。神の国は、私達の間にあるのであって、友愛、兄弟愛となるのである。  時間空間の、また、思い出の共有である。  同級生か、友達か。  誰が困るのか。  …
コメント:0

続きを読むread more

友達について 1

 友達は、作ろうと思って作るもではないと思う。そして、きれいごとは、秘めて、価値があるのではないか。さらに、これが神秘であり、神の祝福ではないだろうか。神の国は、私達の間にあるのであって、友愛、兄弟愛となるのである。 友だち作りの科学―社会性に課題のある思春期・青年期のためのSSTガイドブック …
コメント:0

続きを読むread more

人生について

 人生は劇のように、必ずその時その場に、自分の出番が来るわけではない。超越した時間と空間なのである。  人生=現実=超越=幻想  これといって決まった生き方は無いが、それでも限界がある。生まれたことは、幸せであるが、人を不幸にすることは、許されない。死は人間の概念から、不幸だからである。ではなぜ、人間は死ぬのだろ…
コメント:0

続きを読むread more

哲学、神秘学の「性・的」象徴について 5

 懐疑的、実存的、デュシャンの便器的・・・「美の観念の葬り去り」。省察。  不可知性。  ニーチェの「神は死んだ」?    崇高と美の観念の起原 (みすずライブラリー) マルセル・デュシャンとは何か [ 平芳 幸浩 ] - 楽天ブックス …
コメント:0

続きを読むread more

正当であろう方法論について

 自分で考える、考えさせるのであろう。現代哲学本4論述本4  そして、完全に安全をまもれるなら!  感性認識論の完全性‥。  熟考である。 社会科学の方法: 実在論的アプローチ ヒューム哲学の方法論 印象と人間本性をめぐる問題系 [ 豊川 祥隆 ] - 楽天ブックス …
コメント:0

続きを読むread more

音楽について 1

 音楽は、人間の癖に過ぎない。言い変えれば、好み、嗜好なのではないか。  何事も相対的といえばそうなのだが。  指の癖と、感情のたまもの。あまり、善良な言葉ではないのでは。  確かに、指の癖から訓練するのではないか。言い方は悪いのですが。 マンガでわかる! 音楽理論 クラ…
コメント:0

続きを読むread more

形而上学、哲学、芸術、文学?の犯罪的方法論について

 物事、何でも答えがあって、それについて語っていると思っている。書いてあると思っている。理数系もそのような気がする。  それに答えがあって、書いているなら、それは、催眠術的であり、誘導、誘導尋問的であり、サブリミナル的である。  だから、宗教、啓蒙、原理主義等その似て非なるもの、詐欺、紛いといわれるのではないだろうか…
コメント:0

続きを読むread more

秘すれば花なりについて

 秘すれば花なりについて科学と宗教と進化  倫理と道徳と法律  心と魂と肉体  精神と霊と有機体  あるいは、科学と倫理と心と精神、宗教と道徳と魂と霊、進化と法律と肉体と有機体  なぜか何か隠している、秘めている、漠としている…。 [新訳]風姿花伝 六百年の歳月を超えて伝え…
コメント:0

続きを読むread more

美徳について 3

 母の子供への執着も、神風も危ない美徳である。どちらも、同じものか、似て非なるものかである。  避けなければならない美徳、道徳でもある。 52の美徳 教育プログラム 【新版】 日本人の美徳 誇りある日本人になろう (宝島社新書) [ 櫻井よしこ ] - 楽天ブックス
コメント:0

続きを読むread more

美徳について 2

 潔くなければ、美しくない。  清潔でなければ、きれいじゃない。  美しいのなら、潔く、きれいなら清潔である。  少々、人文主義であるが、人文はある意味、芸術であるので、これでいいのである。完全性の追求である。  一つ理解しておかなければならないのは、芸術は、趣味的であること。  社会を隔てるこ…
コメント:0

続きを読むread more

美学について 3

 趣味、言い換えれば、好み、プシュケー、好奇心、ゆえに、ネクロマシーを、あり得るゆえに、危うさ、これを思うとき、感じるのである。  離れよ、遠ざかれ、日本の美学の危うさ、武士道なのかもしれない。  だから、武士の時代の、仏教の教えなのか。南無、喝、オーム、十八番、世阿弥、時分の花なのか。  何をか。 …
コメント:0

続きを読むread more