ソクラテスについて


 ソクラテスの嫌われた理由は、他人を悟らせるなどできないのに、悟らせようとしたからではないだろうか。悟りは自力であるが。たとえ、産婆術、その促しを馬鹿の一つ覚えに頻繁に行なえば、それはその人自身に見えてくるのである。気に入らない人にしてみれば、見ただけでイライラするであろう。あるいは、ただ、そうだよな、でも・・・。と思う人は、不安になるだろう。不安であっては、悟りではない。信念に至っていないからである。そして、その不安が、何かを、あおるのである。それが、否定的、破壊的になれば、精神病的だろう。










"ソクラテスについて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント