誠実について 2


 あの人は善い人だから助けてあげたいという気持ちを持った人、あるいは、救ってあげたい、守ってあげたい。  しかし、こちらが善意であっても、相手が誠実でなければならない。  いわゆる、「ウザイ」と思うこと、思われることは、誠実ではないのだろう。しかし、誠実は美徳である。



コメント


 偽善 嘘の塊。

 自分がそのように感じられてならないときがあります。

 でも 自分自身が愚かしい人間であることだけは 十分に認識しているつもりです。考えること 思索をめぐらすことよりも 体が動いてしまう。

それしか出来ない自分を やはり大事に思うしかないのでしょうね。





 こんなお題目を思い出しました。「一体、自分とはなにものなのか。」


 誰のために、何のために…。

 答えが見えた気がします。

「汝、自身を知れ!」

…。