自分は一体誰なのか、そして、どこから来て、どこへ行くのか。また、今どこにいるのか 1

 誰もが、持っていたから、周りにも備わっていたから、遍在とわかったのである。だから、愛は、・・・である。  ワンネス!宇宙は唯ひとつ!  自分がここにいるという事実、摂理。それが愛であると言う、確信。  愛は、永遠でない恐怖。細切れの見捨て。偏在という、永遠、無限。  これが愛でないという矛盾。 …
コメント:0

続きを読むread more