お金について 3



 お金は、幻想になりかねない。お金があっても、買うもの自体がなければ(たとえば、地球の資源がなければ)、買えないのだ。あるいは、換えれないのだが。


 また、嘘金になりかねないということである。お金に価値があるのは、社会契約があるからなのだからだ。


 さらに、汚い金になるのである。物々交換ならまだよいのだが、

「あなたには、売らない」とか、

「あなたのものは買わない」が言えるから。


続いて、行なえたら、逆説的に、汚い商取引が行なえるのである。

 あなただけとか、である。政治、経済などでである。


 幸せとか、平和は万人の物事である。経済は、物質的なのだから、すべての人が持たなければならない。


 この観点から、平和とか、幸せはすべての人がそうならなければならない道理となる。


 平和は、個人が幸せなだけでは、平和などありえないものといえる。