人権と義務、権力と金と服従、使命について 1

 人間の権利の主張が、大多数となるとき権力と言えうるのか。金が集まるところに権力があるのか。使命が、独占という力の作用の金によって露になり、それが支配するとき、人間の権利ではなく、金の力となるのであるが、国家という象徴の目的、あるいは使命で、その金は、力は、権力となりうるか。権力と服従、権利と義務、手段と目的について、詳述してみたい…
コメント:0

続きを読むread more