恋愛について





親愛なる友だちへ


 女心…


 燃えるような…


 羨むような…


 恋したい…


 一度でいいから…


 いつも恋していたい…


 恋愛…


 あなたの!…


 愛したい?


 愛されたい?


 恋したい


 恋愛?


 相思相愛?


 恋愛と愛?


 恋がしたいの?


 巡り逢いたい?


 男が恋したいと言うだろうか?


 あなたは、守ってあげること。


 死んだら、あなたは彼女を守ることができるだろうか?


 また、生きて、遠くからでも守ってあげることが、愛ではないの?


 あなたの、死は、彼女を殺すに等しい。


 犯罪に等しい。


 彼女を愛するなら、最後まで、愛さなければ!


 守ってあげなければ、あなたは、嘘を言っている。


 愛ではないということになるよ。


 良く考えて!


 誠実に、あなたの友だちより


 自分も守らなくては、守ることになりません。


 すべての良き望みがかなえられますように、


 My I be so!


 恋は過程であって結果ではないのである。過程だけ求めるから振られて終わるという繰り返しである。要は過程だけ楽しみたいのである。


 死にたいと思うのは、殺せないから法で裁いてもらうようにして、相手を犯罪者に仕立てている。彼女の所為にしているのだ。憎くなるようでは、すでに愛ではないのである。教育が間違っている。言いかえれば、自愛であり、慈悲ではないだろうか。恋をしたい女は、恋をしたいのであって、愛したいのではない。恋はプロセスだが、そのプロセスを楽しみたいだけである。理想は果てしなく遠く、そこへのプロセスも果てしない。理想の人間は、多分人間とは言わなくてもいいような、進化を遂げているかもしれない。


 さらに、自分が、恋しい人を憎めば、恋しい人は、王子様、救世主を求めるだろう。愛を真理とする人にとって、愛に側面は無いのだ。はっきり言えば、主観も客観も無いのだ。だから、世界は、二人のために回るのだ。愛していたという過去形なら、神が見捨てたようなもので、終末論である。再び愛救世主を求める。


 鳥や昆虫は人間ほど小言を言わず、一生懸命生きている。そう見えないだろうか。動物や昆虫が争っても地球は滅びないが、人間が、争えば地球は滅びかねないだろう。


 世の中が完全だったら、鳥も昆虫もいないだろう。そして、人間もいない…。といえるだろう。それを化身というのかもしれない。
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント