存在(空間)について 1

 有と無は同時に存在(根源または源泉)し、固定されていないのであり、差も無いのである。それは、有るものと、無いものではなくて、これは、1=0(二進法)であり、この同時に行われていたものが、無いとしたものは、有るものとして現れ、有るとしたものは無いものとなるサイクルによって時間世界(時空)は発現(流出)していくのである。時空は有るもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more