実在論について 1 : 普遍 唯名 実念  


問題提起

 時間は実在であろうか。


 1.2. 観念論と経験論。今更でだが、経験してしまった事として、観想する。


 3.そして、合理論。 


 実存を確かにし、



 それを現象として、 



 意識、認識、認知、ことば、記号


 構造、脱構築





この記事へのコメント