アクセスカウンタ

思索

プロフィール

ブログ名
思索
ブログ紹介
…Birth of New Psychic Good."

"Thank You."


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
占い、運、宿命、予言、予測などについて 9
 占いはナンセンスである。運は、人が運んでくる。もナンセンスである。人の運命なんて知れている。自分の運命を省みることをすればわかるのである。大した運命ではない。他人に望むこと自体、自分の運命は大したことはないのである。運がいい人が望むのは、運の悪い人にも来てもらうことである、福祉が含まれる。運の悪い人は、運のいい人を望む。自分が分かっていない。類が友を呼ぶ。自省、瞑想、座禅、メディテーション、ヨーガ、内省が必要なのだろう。遠回りに。自分はいったい誰なのか。どこから来て、どこへ行くのか。あなた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 13:20
予言、予知について 2
 私は、「口から先に生まれた」わけではないが、最初に言葉があった、イスラエル、ユダヤの神、キリスト教の神。やはり、口からか。神は口から生まれたのか。ラプラスの悪魔などの悪魔は、口からうまれたのだろうか。神ではなく、予言者、神の使者、天使の使者、仲介者。最初に言葉があった、イスラエル、ユダヤの神、キリスト教の神。やはり、口からか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 15:41
予言および地獄の黙示録について 1
 守れぬ限り、何の価値もない。救えない限り、幸せはないのである。守護せぬ限り、天使に何の意味なく、救済せぬ限り請願に何の意味もなく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 05:47
念力および破壊的な力について 1
 そんなものを人間が持っていたら、人間の存在は、もっと変わったものになっていただろう。あるいは、存在自体が、ないかもしれない自己破壊的である。そして、進化の過程で喪失し、なくなったか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 16:29
直感と直観について 3
衝動買いか、最先端を選ぶか、先を読んで買うかの違いである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 19:22
予感について 3 萎縮において 1
この胸の、萎縮。    昔からだ。    矛盾?    予感? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 05:43
第六感について(勘) 1
それに従うか従わないかは、善悪、自由意志で決めるのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 15:35
予感について 2
 今さら人間の予感、あるいは予言にあたふたした自分がいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 10:02
予感について 1
 未来に何かが起きるような予感ではなくて。死が怖いのではなくて。今・この瞬間、何かが、起きたり、死んでしまったりという危険を何かが、察知して、注意を促しているから怖いと思うのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 16:44
2018年 新年の挨拶
2018年 新年の挨拶 あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 06:46
直観について 1
意識が超能力だろうと洗脳だろうと催眠術だろうとサブリミナルだろうとサイコノートだろうと阿吽、うん、おん、で応えることである。たとえ他人に思えても自分であっても。犬〈狛犬〉はワンとしか吼えず。鳥(鳥居)は、いつも同じ囀りで、それでも通じ合っているのである。言葉などないのである。松は一年中緑である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/31 10:00
テレパシー・ノックダウンについて 2
思考支配である。是非を問うてみたい。 嫌なら、沈黙してやるのである。 あるいは、地獄から抜け出すには、振り向いてはいけないのだろう。お払いをしたら、もうそのことは考えないようにするのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 05:34
テレパシーについて 1
 テレパシー自体に力が云々ではなく、それらの心に力が云々なのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 06:45
天才について 1
天才は透写(書き写し・なぞり書き)をしない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 17:54
精神支配について 3
精神的支配者において、戦争をしない支配が、可能かどうかが課題であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 15:34
サイコノートについて
サイコノートがコンピューターの場合、最初に数字を入力して、後は変換名をイコールで結ぶだけである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/23 15:39
超能力について
人間の五感(客観的意識)を誤魔化せても…。(08/9/27 19時0分1秒) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/21 14:37
なぜサイキックな世界から入らなければならないかについて
それは、宗教的な世界をまとめなければ、平和がないからだ。    特殊な宗教から、国連へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 16:02
神への思い、未知、宇宙、神秘への冒険、…挑戦
神への思い、未知、宇宙、神秘への冒険、…挑戦 人類は、神へ疑念と憧憬とその他諸々の思いの歴史がある時始まったのであり、その前には、霊的な自然への驚異と不思議がすでにあったはずである。ある時は、崇敬が、ある時は畏怖がすでにあったのである。ある時、探求、探訪が始まった。そして科学は、地図もなく、標識もなく、知る人もいない所在へ、冒険ともいえる神の領域、未知への挑戦、自由意志がはじまったのではなないだろうか。そしてそれは今も続いている。これは、神格への反逆、謀反、冒涜。金星の、ルシファー…。失楽園、未知への旅、神曲。これは事実だと思う、少... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 10:14
愛について 「問題提起」〜結論〜
愛について 「問題提起」〜結論〜 学びは、ゲームのようなものである。だから、楽しくもあり、お金のいることもあり、負けることもあるのである。必ず勝つためには、あるいは、負けないためにはあまねく学ばなければならない。それには時間も必要だろう。しかし、ゲームとは言え、負ければ悔しいのである。ゲームなのだからと安心していてはいけない。そんな話しは、言うに及ばないはずである。社会も同じである。なぜか、学びも社会も安全なルールの中で行なわれているといえるからだ。そう、法である。法は偉大な先人たちの哲学と、思想・主義からできていると言える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 13:50

続きを見る

トップへ

月別リンク

思索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる