テーマ:哲学

現代教育について 1 落ちこぼれについて

 専門的で、正当な答えと思える丸暗記に対する反駁。  あなたのその丸暗記の答えでは、私たちは、納得がいかないのだ。なぜかと聞くな。そういうお前は分かっているのか。馬鹿かお前は。そのお前の言おうとしている丸暗記等聞きたくない。読み飽きているのだ。そんな丸暗記などできて当然だろう。丸暗記で納得できていたら、私たちは、落ちこぼれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超人について

同一ではなく合一である。 力への意志――ニーチェ肉体論 まんがと図解でわかるニ-チェ 「超人」「ニヒリズム」…ニ-チェの思想が2分で理解 宝島社白取春彦 / 別冊宝島【中古】afb - BOOKRIVER
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰納、演繹、三段論法について 1

 結果が雨などではなく、前提が雨なのだ。これが論法の述解である。それは、原因であり、結果であるともいえる。天気の予報、予想を聞いているのではない。真理を聞いているのだ。天気では、原因と結果は、曖昧だろう。しかし、雨が降ったら、その対応がいる、のは確かではないか。 論理的文章作法〈帰納法・演繹法・弁証法で書く〉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無神論について

 私がなければ相対的な神はない。  「私は神」ではない。  無私に神は尊大である。だから、無神論でなければならなかったのだろう。 無神論 (叢書・ウニベルシタス) 数学者の無神論 神は本当にいるのか [ ジョン・アレン・パウロス ] - 楽天ブックス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知学について 1

 人間は、神を認知できないならば、神は人間が生んだのではない。 言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学 (中公新書) 認知哲学 心と脳のエピステモロジー (ワードマップ) [ 山口裕之 ] - 楽天ブックス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二元論について

二元論において  二元論とは  まだこだわっている。  こだわることである。  執着。  我思う、故に我あり。  何についてである。  それについてである。  一体、統一は? デカルト哲学について デカルト入門 (ちくま新書) [ 小林道夫(哲学) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘーゲルの方法論について 1

 テーゼ、資本主義?  アンチテーゼ、共産主義?  ジンテーゼ?  問題提示は、マクスウェルの悪魔(情報操作)→ソビエト崩壊  こんな都合の良いエネルギー機関などありえないということだった。  資本主義も、共産主義も、社会主義も永久機関ではないだろう。 哲学の方法について …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方法論について 3

 皆、どうなればいいか知っている。幸福、平和、健康である。しかし、方法は霞の中にある。  方法を表現するだろうか。そして霞は、晴れる。  これを否定的に言えばこうである。 皆、結果どうなればいいか知っている。幸福、平和、健康である。しかし、どうすればいいか方法が分からない。あるいは、その方法を現実にしていいか分からない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方法論について 2

 途は一本ではない。目的ではない。手段も一つではない。  その時空は幾千。  人生を織り成す模様は…。  また、幾筋の糸が…。 社会科学と因果分析: ウェーバーの方法論から知の現在へ ヒューム哲学の方法論 印象と人間本性をめぐる問題系 [ 豊川 祥隆 ] - 楽天ブックス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方法論について 1

 力の方向性、要は、良い事しなければならないのは分かっているのだけれど、その方法が分からない、手段がわかっても恥ずかしい、それで頼るのが、神秘的力であったり、座禅であったり、瞑想であったり、宗教であったり、するのだけれど、道のへの入り方が間違っていたり、手ごたえがなかったり、やればやるほど悪くなったり、にわか仕込みや、自己流が通用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選択について

 増やすか減らすか、言うなれば選択と淘汰である。進化論は自由意志を認めているのだ。  決定されているのならば、主観的にだが。善悪は、解消する。やるかやらないかの場合と、どちらをやるか、それともどちらともやらない。どちらともやる。3つの場合、全部やる。全部やらない。選ぶ。やると、やらないの共存、多分良心の声に委ねられるだろう。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決定論について 1

 観念から概念?  結果云々ではなくて、後の祭りではない。逆に、結果論は、後の祭りであろう。  何が決定されているというのか。人間だけの概念か。  決定論とは、真理を言っているのではなく、決定の方法論を言っているのである。何に決定を阿る、委ねるのかである。神か、自分かである。あるいは運命なのか、善か悪、完全かである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

論理について

 真か、偽か。もっと良い考えはないか(両義?)。ではないのか。  帰納も三段も結論、演繹は推論。  セオリーに適応すると、結「論」が誤る。  結「果」は間違いない。事実なのだから。  それでも、見ているだけにはいかない。  まもる。  結果から、結論の悪い結果原因を避ける。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心について 2

 目を瞑り、自分の身体を巡る。視覚(目線)の記憶なのか、触覚なのか。また、その記憶なのか。やはり直接神経で知覚しているのか。やはり目線で見ているという感覚だ。神経は、痛覚、温覚等によって、伝える。あるいは、沈黙の臓器もあるが。アストラル、エーテル、霊。欲望と高貴なものとの深淵で。体外離脱。もし目がなかったら、触覚がたとえば、脚に眼が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心について 1

魂は、お金になるものに込め、 心も霊も、体から離れ、顧客に飛び、 心は、気持ち、言葉にこもらず。 死んでいるも同然である。 魂をばら売りし、 霊を、体から離れ、 心は、こもらず。 敬うのではなく、お金のためなのだ。 形式のみである。 形式主義、唯物主義でなくて何なのであろう。 魂は、お金のためにあるのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三の目、心の眼、心霊について 3

 自分の顔が仮面に見えるようにみてみよう。それは、水晶を覘いたように、さかさまかもしれないが。  そうすれば、自分の胃が、研ぎ澄まされた霊性、幽星、オーラ、心霊、サイキック、アストラル体、コーザル体によって、あるいはこう言いたいのでるが、神経で内側から見えるだろう。これは左右逆かもしれないが。  果たして、これは感性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の眼について

 自分の顔が仮面に見えるようにみてみよう。それは、水晶を覘いたように、さかさまかもしれないが。  そうすれば、自分の胃が、研ぎ澄まされた霊性、幽星、オーラ、心霊、サイキック、アストラル体、コーザル体によって、あるいはこう言いたいのでるが、神経で内側から見えるだろう。これは左右逆かもしれないが。  果たして、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の哲学について

 あなたが自由を得たとき、あなたは満足し、自由を探さないと思いますか?  そして、それを悟った自己は、自己を二度と探さないと思いますか。そして、その自己を、誰が自己であると、証明するのでしょう。そして、それをあなたは信じられますか。  これが自由だと悟ったあなたの自己が、自由を求めなくなるでしょうか。また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の旅について

 心の旅…  時空…  空虚…  理性…  実践智…。そして、  実践、使命…。  人間の現実…、  実在、実存。 NHK 小さな旅 SELECTION 〜心への誘(いざな)い〜 - ARRAY(0xe2c4d50) ポケット 心の旅 法華経 入門【電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の底について

 心の底から、笑いたい。死ぬほど笑いたい。ゆきつくところは、死であり、心の底が霊的・霊性である。人生である。(追記:霊的・霊性)スピリチュアルな愛。 空海「秘蔵宝鑰」 こころの底を知る手引き ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫) 心の底をのぞいたら (ちくま文庫) [ なだいなだ ] …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良心について 2

 全くの悪人になってしまえば、気も楽になるのだろう。良心の呵責に耐えるほどの悪人でも。  さてそこで、疑問が。はて、全くの善人などあり得るのだろうか。精進の問題だろうか。  これが、善悪の知識の木の実を食べた人間なのだろう。 モラルの起源―道徳、良心、利他行動はどのように進化したのか 良心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良心について 1

 税金であり、寄付である。 良心について 良心論 その哲学的試み [ 石川文康 ] - 楽天ブックス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行いについて

 どんなに優れた真理でも、行なわなければ屑である。 好きなことしか本気になれない。 人生100年時代のサバイバル仕事術 「良い行い」を導く道徳授業 中学校版 「世のため・人のために」で心が育つ - ぐるぐる王国 楽天市場店
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

執着ついて

良くても悪くても、わかっていてやるのであればegoである。(とらわれる心・執着) 執着心 執着 生きづらさの正体【電子書籍】[ 香山リカ ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゴ(業)について

 良くても悪くても、わかっていてやるのではegoである。(とらわれる心・執着)業といい事をするのであっては…。  中庸は難しい!  霊的自我? 生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】 業とは何か=万有解釈原理としての業思想概観=【中古】 - 大黒堂書店
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実践[純粋]理性批判について 1

理性主義=合理主義 『純粋理性批判』について (1980年) (講談社学術文庫) 超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書) [ 竹田 青嗣 ] - 楽天ブックス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

形而上学について 1

 形而下が物理的な超能力。形而上が精神的な霊力。物理的な魔術。霊的な魔術。道徳。倫理。宗教の廃頽は、魔術に等しい。哲学が精神的霊的であるのなら、神を認めるのはいとも簡単だ。昔は、霊も超能力も変わりないのだから。アリストテレス(形而下)が求めた世界・理想郷。  人生はゲームではない。学問はゲームなのだが。倫理学はゲームだが、道徳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソクラテスについて

 ソクラテスの嫌われた理由は、他人を悟らせるなどできないのに、悟らせようとしたからではないだろうか。悟りは自力であるが。たとえ、産婆術、その促しを馬鹿の一つ覚えに頻繁に行なえば、それはその人自身に見えてくるのである。気に入らない人にしてみれば、見ただけでイライラするであろう。あるいは、ただ、そうだよな、でも・・・。と思う人は、不安に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

論理、ロジックと理論、セオリーについて

 時空を越えるには両方使う。  人間の本質は物質であるがゆえに、時空であり、人間の本性は霊性であるがゆえに超越である。また、したがる。  物質と性格。 論理トレーニング101題 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN/佐宗邦威【1000円以上送料無料】 - bookf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more