テーマ:論理

体験について 1

 神秘体験は、自分にしか分からない。当然である。たぶん、体験した人にしか分からない。たとえば、その時、病気の身体が治癒するのだ。なぜと言われても、科学的には分かりにくいだろう。そして、経験と言わず、体験なのだ。 不可知の雲―キリスト教神秘体験の不朽の古典 (ヘーシベック文庫) - ウイリアム ジョンストン,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物質化、創造について 14

 精神からの創造だから、細胞、汗云々、精子卵子、物質化、自分自身。  単純なのだが。自分自身とは、精神的だ。 思考が物質に変わる時 科学で解明したフィールド、共鳴、思考の力 - ドーソン・チャーチ, 工藤玄惠, 島津公美 意識と物質のインターフェース タイムウェーバー 想い・望み・意図を物質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

否定的、ネガティブについて 4

 自分が苦しかった時の、救いの方法が良いのだ。人を救うのは良いのだ。  否定的な人格の状態の時の人が、否定的な方法であろうが、その人が救われるということは、あるいは、肯定的なことで救われないのだから、また、それはさらに的を得てくる。その方法が、肯定的なのだ。  だから、肯定的な状態の人には、肯定的な方法も、否定的な方法も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立法者について 1

 歩く法律。  切り捨てごめんが通る者である。 ヒトラーのモデルはアメリカだった――法システムによる「純血の追求」 - ジェイムズ・Q・ウィットマン, 西川美樹 立法者の科学 デイヴィド・ヒュ-ムとアダム・スミスの自然法学 (Minerva人文・社会科学叢書) [ クヌ-ト・ホ-コンセン ] - 楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神的霊的力について 13

 薬の力は正当、悪意を認めず。精神の力、人間自身の力は、悪意を感じるのか。  物に罪はなく、人の意志が問題だ。  人の世界の善悪という相対性。  気で治すことができるのなら、気で反対のことができるだろうと思えるのである。  善意なら、という気持ちは、気を付けるべきか。  他人には効き目はなくとも、自分に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神的エネルギーとか物理的エネルギーとかについて 12

 植物から恩恵を受けているのは人間だけではないが、我々は精神的に恩恵を受けている。  昆虫などは物理的に受けているが、人間は生で直接口には出来ないし、出来ても数は知れているし、生ものとしてでも、包丁等が必要である。  この辺りが、精神的神秘学的エネルギー源と、物理的俗欲的エネルギー源という、二元的考えは神秘学的入り口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神分析について 1

 他人から観れば、私の過去なんて、物語や、小説を読んでいたり、漫画を読んだりしているようなものだ。  もう少し高級な言葉を使えば、その人が劇場にいるようなものだ。  クリエイトだ、クリエイトだ。 精神科医が教える ストレスフリー超大全――人生のあらゆる「悩み・不安・疲れ」をなくすためのリスト - 樺沢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅力、魔力、暴力について 2

 マスコミュニケーション、所謂、マスコミといわれた。  または、マスメディア。  対比された言葉は、パーソナルコミュニケーションだった。  今、中学の教科書には、どのような文章で印刷されているのだろう。 マスコミはなぜここまで反日なのか (宝島SUGOI文庫) - ケント・ギルバート マスメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔力、魅力、暴力について 1

色ボケではないだろうか。 言葉の…。 韓国書籍, 教養心理学/Beyond Order: 12 More Rules for Life 질서 너머 – 조던 B. 피터슨 (2021)/韓国より配送 図説教養心理学/金敷大之/森田泰介/中田英利子【3000円以上送料無料】 - bookfan 1号店 楽天市場店 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

責任について

 許可を得てから行うということは、そこに責任があるからである。  許可を得ずにやるということは、責任はそこにはなく、ここにある。  許可を、賛成をしていなければ、そこになく、ここである。  聞かないということは、ここにある。  知って、知らぬ振りとなると、評議する必要がある。  是が非かは、議論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来について 1

 遠い未来は、見えるのに、近い未来は見えないのではないだろうか。  未来・・・・・・。  また、近すぎる未来が見えないとなると、話は違ってくるのである。明日が・・・・・・。である。  しかし、若いとき、死というものをはっきりと分かるだろうか。私は、今、五十だが、やっと考えられるようになった気がするのである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奢り、驕りについて 1

 心をもてあそぶゲームにおいて、勝った人がお金を持っていこうとすると、みんなで分けましょうとか、そのお金どうするんですかは、ないだろう。言葉尻からも、無料ですむわけがない。それも、そのルールを作っておいて、それを守るべき、契約者がお金の出し惜しみをしたりすることは、卑し過ぎると思うのである。参加者は、一生懸命にやっていればいるほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相対的について 3

 すでに、みんなが行っていることに、わざわざ訴えるのは、改革的ではなく、唯の便乗である。そこで、善人ぶって大騒ぎしても、相手にされないのは、至極当然である。  平和なら、わざわざ騒がないでほしいものである。  そして、ああ言ったこういったなんてやっているのは、退屈の虫が騒いだだけではないのか。  平和とはいえなく思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相対的について 1

 人間界にのみ善と悪があるようだ。動物界にも、鉱物界にも、植物界にも、人間のような善悪観念は当然ない。  果たして、全てにおいて、そうなのだろうか。宇宙は相対的なのではなく、ありのままにあるのではないのだろうか。人間は観察者であるがゆえに、相対的なのかもしれない。 相対論的宇宙論 ([新装復刊]パリティ物理学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純粋について

 ピュアな。  法則に沿った。  普通の。  異常でない。  一般的な。  健常な。  などなど。 純粋理性批判 1 (光文社古典新訳文庫) - カント, 中山 元 イデーン(2-1) 純粋現象学と現象学的哲学のための諸構想 構成についての現象学的諸研究 [ エトムント・フッサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜怒哀楽について

 人間がああだ、こうだ考えずとも、宇宙はそれに値するほど慈悲に富んでいる。  また自然は、悲しみも、慈しみも、多く見てとれる。  そして、喜怒哀楽があるのは、人間だけではない。 涙について―喜怒哀楽についての医学的・人間学的考察 - 佐々木 重雄 [書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/長寿伝説を行く 喜怒哀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

領域および側面について 4

 魔術的な領域と、神秘学的な領域は逆のベクトル的な方向が存在するのかもしれない。  しかし、まあ、所詮、人間的な考察であるから、どう捉えようと、その域はでないのであるが メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問 PHPビジネス新書 - 細谷 功 主観的幸福を測る OECDガイドライン [ 経済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

領域および側面について 3

 領域、側面、plane、宇宙意識、立方体でさえ六面あるのだ。面には、裏表あるはずなのだが。六面である。十二面ではない。十一面?M次元?それとも、マジカルなM?幻想とも言えそうなこの世界。この膜世界。この膜をまいて、撚れば紐になる。そして、ワームホールは、幾何学的に閉じたひもとなる。線は、曲がっていても、いなくても最短距離と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

客観という言葉の嘘、および側面について 2

 己ほど、無意識に、表現されているかもしれない。無意識なのだから、本人には分からない。それでも個性は現れる。 情報生産者になる (ちくま新書) - 千鶴子, 上野 確率思考 不確かな未来から利益を生みだす [ アニー・デューク(Annie Duke) ] - 楽天ブックス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

客観という言葉の嘘についておよび側面について 1

 観光客にはその町の外面しか見えないのである。  側面としても、中身は見えない。  また、それに対する、内部自我なのである。我でも己でも構わない。ここでは構わない。我を出せば面なのだ。己でも表現すれば面なのである。  表現されていなければ、相手の身になっても見えないのである。どんな論法を使おうが、推論である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却について 7

 人は、ついさっきのことさえすでに、忘れるのだ。そして、思い出したくない否定的なことは、そうしなくなるという。  しかし、思いだしたいときに思いだせる人が、思いださなければならない時に、思いだせる人が賢く、優秀なのだ。  人は、より学習することによって人間たりうるのではなかろうか。肯定的、建設的に記憶し、思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却について 6

 物質的なことには一切かかわりのないこと。まだかかわってないこと。願い。  物質界にかかわるときは、自分の良心に聞くのだ。良心が認めたことを、ただ思い出すことになる。それを行動するかしないかを決めるのは、また、人間の自由の選択に任されているのだが。しかし、妨げになることはないといえる。 戦後民主主義-現代日本を創った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却について 5

 過去から答えを見つけようとしても、今より良い答えが、多聞に未来よりも見つかるとも思えない。しかし、遠く前世、アカシックは、また別のことである。また、自分のことでもありえる。  上層意識は忘れても、他の意識は覚えていて、思いだす。そして、思いだすということは、過去のこと。未来のことではない。そして、クリエイトも記憶を利用してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却について 4

 輪廻転生も、物質世界に表出される法則である。あるいは、物質世界で思い出される記憶である。物質世界に、通用させるのである。  机上の空論も、人間の願望も、物質世界に表現されると思い出されるのである。  因果律の世界。因縁の世界。形而上学的なものは輪廻転生にも通じるのである。いわゆる業であり、カルマであり、エゴであるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却について 3

 物質界を、忘れていいのは、死ぬときだけであるのかもしれない話ではなかろうか。これは、霊界、形而上学的、超越的世界の話である。言い方を変えれば、机上の空論である。そんなことは! と、すべての方がおっしゃると思われます。  これは、コスモス、哲学的ゾンビ等の話である。その内在的な、数学、物理学で説明できない部分。心の部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却について 2

 そして、 忘却した、成功の願いは、祈りは、必ず、未来、自ら最初にするのだ、必ずとらえるのである。言い換えれば、自ら必ず、未来成功を手にするのだ。 睡眠こそ最強の解決策である - マシュー・ウォーカー, Matthew Walker 君はまだ忘却の女神と仲良くしているのか? [ 郭水泳 ] - 楽天ブックス …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却について 1

 プログラミングは未来に、  行為は過去に、  希望は未来に、  忘却は過去に、  プロジェクトは未来へ、だめなことは過去でいい。  過去は忘れてもいいことも含む。  未来は、思い出すことである。  忘れ物は過去のことである。忘却は過去である。  過去のことは忘れてください。未来を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勉強について 2

 なぜ夜やるのか。  朝できないかもしれないからだろう。  夜の居残りはだめだ。といっているのだろう。  このユーモア的な意味が分からなかった。  新聞配達していた自分には、朝は苦手ではなかったからだろう。しかし、最近、そうではなく、気づいた次第である。 自分は、朝、試験勉強をやる性質であったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勉強について 1

 模範解答だけが、勉強だろうか。自分が知りたいことが、それとは違うとすれば、答えは違うだろうが。  インスピレーションとは。直観とは。啓示とは。模範解答だろうか。  猫も杓子も、模範解答が帰ってくる。一文字一文字違わず、語られる気持ち悪さ感じるのは、私だけだろうか。それは、100%同じ文章の答え、いわゆる丸暗記。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育について 2

   個人の独善な教えの間違いは許されないが、国家の独善な教えは、許されるのだろうか。たとえば、プロパガンダ。ニュートン力学、天動説等。時と場合であろうか。国家の教育方針は許されているが、また、許しているが、一教師の独善は、また、他国の教育は許せないの時があるのである。 最新教育動向2021 必ず押さえておきたい時事ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more