受動について 4 催眠



 人の感情に従うことは、その人の感情とそれに伴う行動はあなたの手中にある。 それから来る幸福感さえも。


 自分の体の悲鳴を他人の所為にすることなかれ。己の心の叫びを他人の所為にすることなかれ。支配者よ、その苦痛は、服従者の手中にある。


 昔からそうではないか。忠告を聞くものは永らえ、そうでないものは、滅びてきた。


 服従者の背きは、支配者の心身の苦痛である。それを心得る服従者は、賢人である。


 されば汝、迷うことなく善意には、従うべきである。そして、汝は自我ともに幸福を手に入れる。