ゲシュタルト(形態)心理学の原理について


 ゲシュタルト原理から



 ゲシュタルト原理から


wiki等から

人間の認識は、普遍的ではなく、学習されたものである。言い換えれば、構築されたものである。


ゲシュタルトの祈り

 パールズが作ったゲシュタルト療法の思想を盛り込んだ詩で、彼はワークショップでこの詩を読み上げることを好んだ。


 私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。


 私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。


 そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。


 もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。


 出会えなくても、それもまた素晴らしいこと。


 このセラピーでは、過去になにをしたか、それはなぜなのかを問うことはしない、「今・ここ」で、「いかに」・話しているか、「なにを」・話しているかを問題にする。それを気づき、体験すること、そこから全身全霊的な気づき、覚醒を目指し、そこで自分自身であるという自由を取り戻すことを目的とする。


ゲシュタルト崩壊

 ゲシュタルト崩壊とは心理学における概念の一つで、全体性を持ったまとまりのある構造(ドイツ語でゲシュタルト Gestalt 形態)が、なにかをきっかけとして関連性に疑念を抱く状態となり、個々の構成部分のみに切り離して認識しなおそうとする事である。