矛盾について





 たとえば、ウィルスである。


 または、道徳という、人類至上主義的に言えば、善である。合目的的である。異文化理解、多文化共生であるために。社会と、個人という矛盾、異文化・・・ストレス、ヒステリー、などなどが起こるのである。あるいは起きているこの普遍という矛盾を受け入れなければ。


 反証主義だから、決定論的運命、宿命論神秘学は、科学から、遠ざけられたのか? 独我論の方がましである。


 逸れてしまった。



 システム論から言えば、人体のシステムのみで言えること、主客歴然であるところのものである。キラー細胞、免疫系は、他人を排除する、社会道徳は、そうではない。


 人体のシステムと、社会のシステムは相容れないのである。


 ループであり、オートポイエーシスではないだろうか。


 しかし、こんなこと当たり前のことと思うのであるが・・・、頭がいいのか、悪いのか。


 個人があるから、存在感があるであろうのに。