自分はいったい誰なのか 7

 唯名論から、自分の名前などを忘れても、そこに実体、主体は存在する。主体、実体を失っても、そこに、主体、実体はある。本体はある。客体か、超越論的にある。精神の実体として、いわゆる二元論的に。  記憶を失っても、そこにもある。  本性はある。実念、実在は、あるいはactはどちらかだ。潜在は、あると言える。現象。  カ…
コメント:0

続きを読むread more