意識について 4


 なぜ、意識は眼の辺りから移動しないのだろう。眼をつむると、それは開けている時以上にはっきりすると思うのだが。


 思う場所が、どこであろうと、「今、ここ」にあるのだ。意識はどこへも行けない。自分自身にある。そして、私は、他の誰でもない私である。自我。


 自己言及。愛は愛なのだ。真理だ。



 どこから来て、どこへ行くのかは、死とは、何か。表現では分かるが、知らないのである。知りえていない。誰も未だに、語りえていない、空想、妄想の世界なのだ。それは、神秘家の宇宙。標識、象徴を知らない迷子のようである。科学の宇宙。不確かであり、それは知り得ないというだろう。


 霊と超能力の違いは何といえるのか。それは、物質か非物質的か、ではないだろうか。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント