人権及び人格について  3(2)


 自分の人権を売って、他人の人権を自分のものにして補填する。


 あるいは、自分の人格を売って、他人の人格を自分のものにして補填する。


 はっきり言えば、時間給で売ってしまって失った自分の人格、人権を他人を従わせることで、自分の人格、人権、身を保とうとするのである。


 現代人、あるいは、経済成長期時代の経済大国日本の、性質、現状である。


 忙しくても、人を増やさず、その場限りの残業にして、人件費分儲け。その人件費分を独り占めできた。それが、お互いの儲けであったのが、いつしか損得の関係になってしまった。無い残業を求めた。工面せざるを得なくなった。


 それは、8時間労働の人権人格であったのに。


 また、仏陀の時代の輪廻転生である。仏陀が、まだ王子の時、彼は虎であり、アレクサンダー大王と戦った、像なのだ。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント