税金について 1

 企業は労働・雇用のために事業を拡大したのに、儲けは半分は税金に持っていかれ、労働者(国民)のための雇用なのに食えない国民のためにまた税金をかけられ、その労働者からも取り、公務員からも取り、この馬鹿国家…。使いたくない言葉…。  その税金で行う事業にたかっていた卑しい国民…。  潔くなければ清潔ではない。  簡単に…
コメント:0

続きを読むread more