憎しみについて



 愛と憎しみは、別物である。反対ではなく、重さが同じ様なものである。だから、憎しみをともなう愛は、清算され、愛では、無い、のである。


 これで、愛は真理となるのである。自殺然り、心中然りである。そして、その論理は、愛Kg=憎しみKg=死Kg 創造主の愛は、全身に満ちている。ということになるのである。イコールとするからといって同じではないのである。愛-死=0であり、無。愛では、無い、のである。憎しみのともなう愛は、愛をチャラにし、死をともなう愛も、愛をチャラにするのである。愛のみで満たされなければならない。二項対立するものは、真理ではないのであるから、そこから、そしてそこから、導き出されるのは、慈悲であり、慈愛であり、最高善であり、至高の世界なのではないだろうか。言葉では言い表せない、理想であり、それは、永遠に続くのであり、人間は常に、永遠に続くその途上にいるのである。人間が、進化すれば、人間ではないのかもしれないが。
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント