帰納、演繹、三段論法について 1

 結果が雨などではなく、前提が雨なのだ。これが論法の述解である。それは、原因であり、結果であるともいえる。天気の予報、予想を聞いているのではない。真理を聞いているのだ。天気では、原因と結果は、曖昧だろう。しかし、雨が降ったら、その対応がいる、のは確かではないか。 論理的文章作法〈帰納法・演繹法・弁証法で書く〉 …
コメント:0

続きを読むread more