方法論について 1

 力の方向性、要は、良い事しなければならないのは分かっているのだけれど、その方法が分からない、手段がわかっても恥ずかしい、それで頼るのが、神秘的力であったり、座禅であったり、瞑想であったり、宗教であったり、するのだけれど、道のへの入り方が間違っていたり、手ごたえがなかったり、やればやるほど悪くなったり、にわか仕込みや、自己流が通用し…
コメント:0

続きを読むread more