選択について


 増やすか減らすか、言うなれば選択と淘汰である。進化論は自由意志を認めているのだ。


 決定されているのならば、主観的にだが。善悪は、解消する。やるかやらないかの場合と、どちらをやるか、それともどちらともやらない。どちらともやる。3つの場合、全部やる。全部やらない。選ぶ。やると、やらないの共存、多分良心の声に委ねられるだろう。その場合すべて守る。苦痛があってはならない。後で考えるのは推測であり、決定されているものは、直観は、その場限りのものである。インスピレーションは良心であり、形而上学、考察であり、啓示は決定論である。

運命はない。占いは当たらないのである。神の決定であろうが、危険ならやらないのである。


 結論は、苦痛があっては、ならない。救うのでは遅いのである。すべて守るか、苦痛を伴わないかである。最善が求められるのだ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント