心について 2

 目を瞑り、自分の身体を巡る。視覚(目線)の記憶なのか、触覚なのか。また、その記憶なのか。やはり直接神経で知覚しているのか。やはり目線で見ているという感覚だ。神経は、痛覚、温覚等によって、伝える。あるいは、沈黙の臓器もあるが。アストラル、エーテル、霊。欲望と高貴なものとの深淵で。体外離脱。もし目がなかったら、触覚がたとえば、脚に眼が…
コメント:0

続きを読むread more