良心について 2

 全くの悪人になってしまえば、気も楽になるのだろう。良心の呵責に耐えるほどの悪人でも。  さてそこで、疑問が。はて、全くの善人などあり得るのだろうか。精進の問題だろうか。  これが、善悪の知識の木の実を食べた人間なのだろう。 モラルの起源―道徳、良心、利他行動はどのように進化したのか 良心…
コメント:0

続きを読むread more