論理について

 真か、偽か。もっと良い考えはないか(両義?)。ではないのか。  帰納も三段も結論、演繹は推論。  セオリーに適応すると、結「論」が誤る。  結「果」は間違いない。事実なのだから。  それでも、見ているだけにはいかない。  まもる。  結果から、結論の悪い結果原因を避ける。 …
コメント:0

続きを読むread more

心について 2

 目を瞑り、自分の身体を巡る。視覚(目線)の記憶なのか、触覚なのか。また、その記憶なのか。やはり直接神経で知覚しているのか。やはり目線で見ているという感覚だ。神経は、痛覚、温覚等によって、伝える。あるいは、沈黙の臓器もあるが。アストラル、エーテル、霊。欲望と高貴なものとの深淵で。体外離脱。もし目がなかったら、触覚がたとえば、脚に眼が…
コメント:0

続きを読むread more

心について 1

魂は、お金になるものに込め、 心も霊も、体から離れ、顧客に飛び、 心は、気持ち、言葉にこもらず。 死んでいるも同然である。 魂をばら売りし、 霊を、体から離れ、 心は、こもらず。 敬うのではなく、お金のためなのだ。 形式のみである。 形式主義、唯物主義でなくて何なのであろう。 魂は、お金のためにあるのでは…
コメント:0

続きを読むread more

第三の目、心の眼、心霊について 3

 自分の顔が仮面に見えるようにみてみよう。それは、水晶を覘いたように、さかさまかもしれないが。  そうすれば、自分の胃が、研ぎ澄まされた霊性、幽星、オーラ、心霊、サイキック、アストラル体、コーザル体によって、あるいはこう言いたいのでるが、神経で内側から見えるだろう。これは左右逆かもしれないが。  果たして、これは感性…
コメント:0

続きを読むread more

心の眼について

 自分の顔が仮面に見えるようにみてみよう。それは、水晶を覘いたように、さかさまかもしれないが。  そうすれば、自分の胃が、研ぎ澄まされた霊性、幽星、オーラ、心霊、サイキック、アストラル体、コーザル体によって、あるいはこう言いたいのでるが、神経で内側から見えるだろう。これは左右逆かもしれないが。  果たして、こ…
コメント:0

続きを読むread more

心の哲学について

 あなたが自由を得たとき、あなたは満足し、自由を探さないと思いますか?  そして、それを悟った自己は、自己を二度と探さないと思いますか。そして、その自己を、誰が自己であると、証明するのでしょう。そして、それをあなたは信じられますか。  これが自由だと悟ったあなたの自己が、自由を求めなくなるでしょうか。また…
コメント:0

続きを読むread more

心の旅について

 心の旅…  時空…  空虚…  理性…  実践智…。そして、  実践、使命…。  人間の現実…、  実在、実存。 NHK 小さな旅 SELECTION 〜心への誘(いざな)い〜 - ARRAY(0xe2c4d50) ポケット 心の旅 法華経 入門【電…
コメント:0

続きを読むread more

心の底について

 心の底から、笑いたい。死ぬほど笑いたい。ゆきつくところは、死であり、心の底が霊的・霊性である。人生である。(追記:霊的・霊性)スピリチュアルな愛。 空海「秘蔵宝鑰」 こころの底を知る手引き ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫) 心の底をのぞいたら (ちくま文庫) [ なだいなだ ] …
コメント:0

続きを読むread more

良心について 2

 全くの悪人になってしまえば、気も楽になるのだろう。良心の呵責に耐えるほどの悪人でも。  さてそこで、疑問が。はて、全くの善人などあり得るのだろうか。精進の問題だろうか。  これが、善悪の知識の木の実を食べた人間なのだろう。 モラルの起源―道徳、良心、利他行動はどのように進化したのか 良心…
コメント:0

続きを読むread more

行いについて

 どんなに優れた真理でも、行なわなければ屑である。 好きなことしか本気になれない。 人生100年時代のサバイバル仕事術 「良い行い」を導く道徳授業 中学校版 「世のため・人のために」で心が育つ - ぐるぐる王国 楽天市場店
コメント:0

続きを読むread more

エゴ(業)について

 良くても悪くても、わかっていてやるのではegoである。(とらわれる心・執着)業といい事をするのであっては…。  中庸は難しい!  霊的自我? 生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】 業とは何か=万有解釈原理としての業思想概観=【中古】 - 大黒堂書店
コメント:0

続きを読むread more

形而上学について 1

 形而下が物理的な超能力。形而上が精神的な霊力。物理的な魔術。霊的な魔術。道徳。倫理。宗教の廃頽は、魔術に等しい。哲学が精神的霊的であるのなら、神を認めるのはいとも簡単だ。昔は、霊も超能力も変わりないのだから。アリストテレス(形而下)が求めた世界・理想郷。  人生はゲームではない。学問はゲームなのだが。倫理学はゲームだが、道徳…
コメント:0

続きを読むread more