良心について 2


 全くの悪人になってしまえば、気も楽になるのだろう。良心の呵責に耐えるほどの悪人でも。


 さてそこで、疑問が。はて、全くの善人などあり得るのだろうか。精進の問題だろうか。


 これが、善悪の知識の木の実を食べた人間なのだろう。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント