不滅について

 無から現れようと、無に帰さないと言おうと、無に帰そうと、現在あるならば、それは不滅ではないだろうか。増してや、無に帰すこと、無から現れることがあるなら。不滅というのなら、不滅だからこそ。無に帰してこそ、そして現れてこそ不滅ではないだろうか。 「なぜ、生まれたのか。」  なぜ、我々は、人間なのか。  進化が足りないとは…
コメント:0

続きを読むread more